Latest Posts

オールラウンダーなレビトラ系ジェネリック

愛用者が多いED改善薬レビトラについて

ED改善薬であるレビトラは、とても飲みやすい医薬品です。
本体が小さく、いわゆるラムネ菓子のような形をしているため、長期間の保存、持ち運びに適しています。
錠剤タイプなので一般的なお薬同様に家庭の薬箱で保管可能です。
海外製医薬品ではありますが、見た目も特別変わっていないため、普通のピルケースに忍ばせておけば、まず他人に伝わる恐れは無いでしょう。
ED改善薬レビトラを愛用する男性は近年増加しました。
医薬品の持つ嬉しいメリットが、愛用者増加に結びついていて、バイアグラを超える支援スピードを持ちながら、副作用のマイルドさ、作用時間の長さをも同時に秘めているのです。

医薬品としてオールラウンダーな系統

ED改善薬はスピード型のバイアグラタイプ、長期戦型のシアリスタイプに大別されますが、レビトラ系統の商品は丁度、その二種類のいいとこ取りをする医薬品です。
いわゆるオールラウンダーな医薬品であり、一回の使用で平均5時間から6時間、最長で9時間から10時間程の、男性機能フォロー効果が得られます。
ペニスが勃起するものの途中で立ち方が悪くなってしまう方、挿入自体は果たせるが同じく途中で中折れする男性の人々は、軽度のED状態である恐れが高いです。
改善薬レビトラを使えば、複数回のセックスを安心して楽しめますのから、下半身の老化、コンプレックスを実感される方は検討してみましょう。

節約重視の方にはジェネリック医薬品がお勧め

ただ評価の良いオリジナルのED改善薬を手に入れるのも良い方法ですが、お薬の単価がまだまだ高く、1錠1500円から2000円といった幅になります。
コストを理由にお薬利用を諦める方々もいらっしゃいますが、今では手軽に入手出来るジェネリック医薬品がありますので、節約を気にする男性陣は、レビトラ系統の後発品を代わりにしましょう。

お得なインド製ジェネリック医薬品を入手するためには

インド製のジェネリック医薬品を特別に掲載する通販サイトには、様々な系統の後発品が掲載されていて、そこを通じて入手が可能です。
日頃から通販サイトを利用している男性ユーザーなら、サクサク医薬品の情報を得られますし、円滑に注文手続きまで済ませられるでしょう。

レビトラのジェネリックが欲しい時

レビトラは即効性が期待できるED治療薬

ED治療薬は現在日本では3種類処方されていますが、中でもレビトラは即効性がある薬としても良く知られています。
病院で処方してもらったりして入手する事はできますが、ジェネリックも沢山出回っているのでそれを使うのも良いでしょう。
レビトラに比べると比較的安価なので、家計に対する負担も軽減されます。

レビトラのジェネリックが欲しい時

なるべく安くEDの改善をしたいと思ったら、ジェネリックの利用はとても効果的です。
しかし現時点ではまだ認可されていない薬なので、病院での処方は不可能です。
従って、レビトラのジェネリックが欲しい時は個人輸入をする人が大勢います。
インターネット上にあるサイトを利用すれば、自宅に居ながらにして欲しい薬を手に入れる事が可能です。
商品はシンガポール等から届けられるので1週間から10日程自宅に届くまで時間がかかりますが、自宅だけでなく郵便局留めを選ぶ事ができる業者もあるので、プライバシーの点での心配は必要ありません。

個人輸入は便利です

レビトラのジェネリックの個人輸入をする場合、いくつかの条件を守れば簡単に入手する事ができます。
自分で利用する事、譲渡しない事等です。
2カ月分以内の注文であれば、税金もかからずに手に入れる事ができます。
勿論処方箋なども必要ないので、そのために病院に行く必要もありません。
個人輸入は自分で全て海外の業者と取引もできますが、輸入代行業者を利用する事もできます。
この場合はネット通販と同じ方法で行う事ができます。
勿論サイトは日本語表記となっているので、外国語が得意ではないという人でも心配ありません。

個人輸入と通販の違い

レビトラのジェネリックは輸入代行業者を利用して手に入れる事ができますが、どうしても通販と混同されがちです。
しかし実はこれらは似て非なるものだと言う事をご存知ですか。
前者は自分の代わりに海外の業者に注文してくれる物で、その業者から直接買う訳ではありません。
後者はその業者から直接商品を買う事になります。
実際にネットで個人輸入をする時は、これらの違いを少し理解しておくと良いでしょう。

レビトラジェネリックは効果が出やすい

レビトラは作用が速い

レビトラはバルデナフィルという有効成分を含むED治療薬で、世界初のED治療薬であるバイアグラに比べ水に溶けやすい特徴があります。
そのため、効き始めが早く、持続性が高いものの効き始めが遅いシアリスに比べても、即効性が高いのがメリットです。
最高血中濃度に達するまで1時間かからないと言われており、即効性を求めるならレビトラがおすすめといえるでしょう。
近年は通販サイトなどで、お値段の安いジェネリックも手に入るようになり、その人気は高まる傾向にあります。

疾病に基づくEDにも作用

EDというのは加齢や不規則な生活、ストレスなどを原因として起こりますが、疾病の影響でも起こる場合があるのをご存知でしょうか。
たとえば、糖尿病の方や前立腺手術後にEDで悩まれる方は少なくありません。
この点、バイアグラではこうした疾病に基づくEDの改善は期待できませんでしたが、レビトラは改善効果が望めるといわれています。
ただし、糖尿病の方や血糖値やコレステロール、血圧が高めの方、肥満の方や体が大きい方、そのほかの薬剤性EDの方は有効成分のバルデナフィル10mgでは効果が望めないことがあるので、効果が出ない場合には20mgを試してみるといいかもしれません。
これはジェネリックの場合でも同じです。

服用のタイミングや食事との関係

水に溶けやすく体への吸収が早い分、バイアグラと比べて食事の影響を受けにくいと人気を高めていますが、やはり空腹時に服用したほうがスムーズな効き目が望めます。
そのため、ジェネリックを利用する際は食前20分から30分前の空腹時に飲み、その後の食事は油分を控えたあっさり目の食事を摂るように心がけましょう。

飲み方で気を付けたいこと

薬を服用する際は、水でなくともよくお茶などで飲んでも問題はありません。
アルコールの影響も他のED治療薬に比べて受けにくいのですが、逆に気を付けたいのは効きすぎることです。
バルデナフィルには血管拡張効果があるため、アルコールのまわりが早くなり、お酒に弱い方や量によってはアルコールが効きすぎて倒れてしまう虞があります。
飲み過ぎには気を付けて、セックス前のお酒を少し楽しむ程度にしましょう。