レビトラのジェネリックが欲しい時

レビトラは即効性が期待できるED治療薬

ED治療薬は現在日本では3種類処方されていますが、中でもレビトラは即効性がある薬としても良く知られています。
病院で処方してもらったりして入手する事はできますが、ジェネリックも沢山出回っているのでそれを使うのも良いでしょう。
レビトラに比べると比較的安価なので、家計に対する負担も軽減されます。

レビトラのジェネリックが欲しい時

なるべく安くEDの改善をしたいと思ったら、ジェネリックの利用はとても効果的です。
しかし現時点ではまだ認可されていない薬なので、病院での処方は不可能です。
従って、レビトラのジェネリックが欲しい時は個人輸入をする人が大勢います。
インターネット上にあるサイトを利用すれば、自宅に居ながらにして欲しい薬を手に入れる事が可能です。
商品はシンガポール等から届けられるので1週間から10日程自宅に届くまで時間がかかりますが、自宅だけでなく郵便局留めを選ぶ事ができる業者もあるので、プライバシーの点での心配は必要ありません。

個人輸入は便利です

レビトラのジェネリックの個人輸入をする場合、いくつかの条件を守れば簡単に入手する事ができます。
自分で利用する事、譲渡しない事等です。
2カ月分以内の注文であれば、税金もかからずに手に入れる事ができます。
勿論処方箋なども必要ないので、そのために病院に行く必要もありません。
個人輸入は自分で全て海外の業者と取引もできますが、輸入代行業者を利用する事もできます。
この場合はネット通販と同じ方法で行う事ができます。
勿論サイトは日本語表記となっているので、外国語が得意ではないという人でも心配ありません。

個人輸入と通販の違い

レビトラのジェネリックは輸入代行業者を利用して手に入れる事ができますが、どうしても通販と混同されがちです。
しかし実はこれらは似て非なるものだと言う事をご存知ですか。
前者は自分の代わりに海外の業者に注文してくれる物で、その業者から直接買う訳ではありません。
後者はその業者から直接商品を買う事になります。
実際にネットで個人輸入をする時は、これらの違いを少し理解しておくと良いでしょう。