ED治療目的でジェネリックを手に入れる

3大ED治療薬

インポテンツの症状改善に効果的とされるバイアグラ、レビトラ、シアリスといったED治療薬を入手するには基本的に医療機関で処方してもらうことになります。
この3つのED治療薬は有効成分が異なりそれぞれ作用時間、速効性にも違いは出てくるものの勃起力を高めるという効果はどれも共通しています。
副作用のリスクもあり特定の持病を持つ方は処方してもらえない可能性もあるため、まずは医療機関を受診し医師の適切な診断を受けることが大切です。

レビトラとは

これらのED治療薬の中で最も速効性に長けているものがレビトラです。
バイアグラに次いで日本で承認されたED治療薬となっておりバイアグラと作用時間、副作用のリスクが非常に似ていますが、こちらは食事の影響を受けにくくなっています。
他のED治療薬と同じく1錠あたり2,000円程度と費用が高額となっているため、継続して服用するとなると大きな出費となってしまいますが安価なジェネリック医薬品も存在します。

ED治療薬のジェネリックを入手するために

開発コストがかかっておらず新薬よりも格安で提供できる後発医薬品、俗に言うジェネリック医薬品は最早私たちにとって必要不可欠な存在となっています。
ED治療薬を始めとして育毛剤など日本で製造、販売の認可を受けていない新薬、ジェネリック医薬品は多々ありますが、本格的にインポテンツ対策に取り組むために費用を抑えられるジェネリック医薬品を求める方も多いでしょう。
バイアグラ、レビトラ、シアリスの3大ED治療薬は日本で認可を受けている医薬品のため医療機関で処方してもらうことも可能ですが、ED治療薬のジェネリック医薬品を入手する場合は個人輸入代行を介して直接海外から購入するしかありません。
個人輸入代行は直接海外から購入できるようサポートしてくれるだけなので通販とは本質的に全く異なります。

個人輸入代行を利用するときの注意点

費用が格安だからと言って効果に問題があるわけではなく新薬とほぼ同等の効果が期待できますが、品質や安全性は利用する個人輸入代行業者によって左右されます。
個人輸入代行業の実績が豊富かつ評判の良い、全て正規品を取り扱っている業者を選びましょう。