海外の通販サイトを使い何時迄も夫婦円満

レビトラの特徴

基本的には日本国内で2番目に開発されたED治療薬は、塩酸バルデナフィル水和物という有効成分を含み、レビトラという名前で国内で販売されました。
そして、銀色のパッケージにオレンジ色の円形の錠剤で5mg、10mgそして20mgが揃っており、日本国内でもED治療の専門クリニック等から入手可能となりました。
また、世界で最初に発売されたED治療薬と比較すると、水に溶けやすいという性質があり即効性に期待が持てる医薬品と言えます。
行為に及ぶ1時間前に服薬するという点においては変わりがありませんが、食事の影響を受けづらくなっているので服薬後でも軽めの食事なら問題無く、成果を発揮する事が出来るでしょう。
また20mg錠を服薬すれば、最大でおよそ10時間程度は効果を持続する事が出来ます。

日本国内ではレビトラのジェネリックは販売されていない

しかし、価格面ではレビトラ10mg1錠は税込みで1500円程度であり、20mg錠は2000円なので価格面では割高はあるのは事実です。
それならジェネリック版は無いのかと考える人はいるかも知れませんが、日本国内でのジェネリック製品の販売の許可は厚生労働省から下りていない為に販売出来ないのです。

個人輸入の通販サイトを利用するという選択

しかし、諦める必要は全くありません。
何故なら海外から個人輸入の通販サイトを利用して、入手するという手段があるからです。
海外ではレビトラのジェネリックに当たる商品が販売されていて、レビトラのおよそ10分の1以下程度で購入する事が出来るからです。
でもそれは専門的な知識や外国語が堪能でなければ難しいのではないかと、躊躇する人もいるかも知れませんが、インターネットに接続する環境があり、ネット通販等を利用した経験があれば難なく購入する事が出来るでしょう。
また、この個人輸入の通販サイトを利用するという方法の別のメリットとしては、医師の処方箋が不要であるという事です。

注意事項は厳守しよう

注意事項としては低血圧や高血圧等の血圧で問題がある人は、血圧を十分に正常域にコントロールする必要があります。
また心臓等に疾患があったり、不整脈の為の特定の医薬品を服薬していたり等の場合には、レビトラの使用が禁忌とされる場合がありますので、専門のドクターに指示を仰ぐ事をおすすめします。