手に入れるには

EDの治療は薬が効果を発揮

ジェネリックの経済性

EDの治療をするには、栄養を摂ったり運動をするなどの対策もありますが、薬を使うのもいいでしょう。
この薬は、インターネットでも個人輸入に限って買えます。
そして、ジェネリックも数多く販売されてるので、今では経済的にもさほど難関はなくなって来ました。
さて、勃起不全を治す薬ですが、今のところ有力なのは、レビトラ、バイアグラ、シアリスといった3種類があるのです。
インターネット通販でジェネリックを購入するのが不安であれば、泌尿器科で診察を受ければ医師から処方してもらえます。

レビトラの効果発揮

では、レビトラなどの勃起不全治療薬がどういう風に効くのか、簡単に記しておきましょう。
まず、どんな仕組みで陰茎が勃起するかというと、性刺激を受けると男性ホルモンによって一酸化窒素が分泌されて、サイクリックGMPが分泌されます。
この物質が血管を広げて血流量を増やし、勃起・維持をするのです。
ところが、このサイクリックGMPは、酵素で分解されてしまいます。
残念なことにこの酵素は、身体の中にあるのです。
勃起不全の人は、この酵素の働きが災いして症状が起きてるケースがあります。
そのため、この酵素の働きを抑制すると、陰茎は正常に勃起するようになるのです。
それが、前述の薬の役目・効果となります。

病院での処方

治療薬はレビトラを含め3種類ほどあると前述しましたが、どの薬も同様の働きをするのです。
でも、薬によっては持続する時間が違います。
また、服用する際の注意点も違うのです。
これらは、ちゃんと説明書きなどへ記されてますが、医師の指導で服用すると安心できるでしょう。そのため、病院などで処方してもらい買えば間違いありません。

ED治療目的でジェネリックを手に入れる

3大ED治療薬

インポテンツの症状改善に効果的とされるバイアグラ、レビトラ、シアリスといったED治療薬を入手するには基本的に医療機関で処方してもらうことになります。
この3つのED治療薬は有効成分が異なりそれぞれ作用時間、速効性にも違いは出てくるものの勃起力を高めるという効果はどれも共通しています。
副作用のリスクもあり特定の持病を持つ方は処方してもらえない可能性もあるため、まずは医療機関を受診し医師の適切な診断を受けることが大切です。

レビトラとは

これらのED治療薬の中で最も速効性に長けているものがレビトラです。
バイアグラに次いで日本で承認されたED治療薬となっておりバイアグラと作用時間、副作用のリスクが非常に似ていますが、こちらは食事の影響を受けにくくなっています。
他のED治療薬と同じく1錠あたり2,000円程度と費用が高額となっているため、継続して服用するとなると大きな出費となってしまいますが安価なジェネリック医薬品も存在します。

ED治療薬のジェネリックを入手するために

開発コストがかかっておらず新薬よりも格安で提供できる後発医薬品、俗に言うジェネリック医薬品は最早私たちにとって必要不可欠な存在となっています。
ED治療薬を始めとして育毛剤など日本で製造、販売の認可を受けていない新薬、ジェネリック医薬品は多々ありますが、本格的にインポテンツ対策に取り組むために費用を抑えられるジェネリック医薬品を求める方も多いでしょう。
バイアグラ、レビトラ、シアリスの3大ED治療薬は日本で認可を受けている医薬品のため医療機関で処方してもらうことも可能ですが、ED治療薬のジェネリック医薬品を入手する場合は個人輸入代行を介して直接海外から購入するしかありません。
個人輸入代行は直接海外から購入できるようサポートしてくれるだけなので通販とは本質的に全く異なります。

個人輸入代行を利用するときの注意点

費用が格安だからと言って効果に問題があるわけではなく新薬とほぼ同等の効果が期待できますが、品質や安全性は利用する個人輸入代行業者によって左右されます。
個人輸入代行業の実績が豊富かつ評判の良い、全て正規品を取り扱っている業者を選びましょう。

海外の通販サイトを使い何時迄も夫婦円満

レビトラの特徴

基本的には日本国内で2番目に開発されたED治療薬は、塩酸バルデナフィル水和物という有効成分を含み、レビトラという名前で国内で販売されました。
そして、銀色のパッケージにオレンジ色の円形の錠剤で5mg、10mgそして20mgが揃っており、日本国内でもED治療の専門クリニック等から入手可能となりました。
また、世界で最初に発売されたED治療薬と比較すると、水に溶けやすいという性質があり即効性に期待が持てる医薬品と言えます。
行為に及ぶ1時間前に服薬するという点においては変わりがありませんが、食事の影響を受けづらくなっているので服薬後でも軽めの食事なら問題無く、成果を発揮する事が出来るでしょう。
また20mg錠を服薬すれば、最大でおよそ10時間程度は効果を持続する事が出来ます。

日本国内ではレビトラのジェネリックは販売されていない

しかし、価格面ではレビトラ10mg1錠は税込みで1500円程度であり、20mg錠は2000円なので価格面では割高はあるのは事実です。
それならジェネリック版は無いのかと考える人はいるかも知れませんが、日本国内でのジェネリック製品の販売の許可は厚生労働省から下りていない為に販売出来ないのです。

個人輸入の通販サイトを利用するという選択

しかし、諦める必要は全くありません。
何故なら海外から個人輸入の通販サイトを利用して、入手するという手段があるからです。
海外ではレビトラのジェネリックに当たる商品が販売されていて、レビトラのおよそ10分の1以下程度で購入する事が出来るからです。
でもそれは専門的な知識や外国語が堪能でなければ難しいのではないかと、躊躇する人もいるかも知れませんが、インターネットに接続する環境があり、ネット通販等を利用した経験があれば難なく購入する事が出来るでしょう。
また、この個人輸入の通販サイトを利用するという方法の別のメリットとしては、医師の処方箋が不要であるという事です。

注意事項は厳守しよう

注意事項としては低血圧や高血圧等の血圧で問題がある人は、血圧を十分に正常域にコントロールする必要があります。
また心臓等に疾患があったり、不整脈の為の特定の医薬品を服薬していたり等の場合には、レビトラの使用が禁忌とされる場合がありますので、専門のドクターに指示を仰ぐ事をおすすめします。

レビトラのジェネリックが通販で買える

レビトラの有効成分

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。
このバルデナフィルが、陰茎にある海綿体平滑筋の緊張を解きほぐし、血流を改善してくれることで、EDに悩まされている方でも容易に勃起することができます。
勃起するといっても無理やり勃起させるのではなく、性的刺激がなければ勃起することはないため、自然にEDを改善することができます。
有効成分のバルデナフィルが含まれていれば、ジェネリックであったとしても効果にはほとんど変わりはありません。
しかも、莫大な研究開発費が必要ないため、安価に手に入れることができます。

効果はほぼ同じジェネリック

ところで、レビトラの特許はまだ切れていないため、日本国内ではジェネリックは製造されていません。
では、どのようにしてして手に入れることができるのでしょうか。
実は、インターネットを利用すれば、比較的容易に誰でも手に入れることができます。
通販ではありませんが、個人輸入代行サービスを利用すれば、まるで通販サイトを利用しているかのような手軽さで手に入れることができるのです。

医薬品の個人輸入代行サービス

営業目的ではなく個人が利用する目的であれば、ある一定量であれば海外の医薬品を個人輸入することが法律で認められています。
ただ、個人で医薬品を輸入するのは、言葉の壁などがあり簡単なことが出はありません。
そこで、個人輸入代行サービスを利用する方が増えているのです。
個人輸入代行サービスはまったく法律に触れることではありませんが、サービス内容なそれぞれのサイトによって違います。
利用するのであれば、まず信頼できる個人輸入代行サービスを見つけることが先決です。

安心して使用するために

レビトラなどED治療薬は医薬品であるため素晴らしい効果を持っていますが、その分副作用などのリスクもあります。
使用する時は、まず自分が使用して大丈夫なのか、クリニックで診断をしてもらってからにしましょう。
最初は出費が多くなってしまいますが、その後ジェネリックに切り替えればいいのです。
そうすれば、何かあった時にもドクターに相談しやすく、安心してジェネリックを試すことができます。