ED治療のためのジェネリック薬レビトラ

レビトラは他のED治療薬よりも優秀?

日本国内で使われているED治療薬には、バイアグラ・レビトラ・シリアスという3つの薬があります。
よく使われるのは、バイアグラかレビトラです。
この中で、副作用が少ない・即効性がある・食事の影響が少ないというメリットを持っているのがレビトラです。
日本では5mg、10mg、20mgが販売薬になっていますが、5mgで効き目を感じる人は少なく、普通は10mgか20mgが処方されています。
バイアグラは夢のED治療薬と言われて世に登場しましたが、空腹でないと薬効が出ないことと、効き目の継続時間が短いことが問題でした。

バイアグラの欠点を補ったレビトラ

食事を摂ってしまうと効果が出ないということは、使うタイミングが難しくなってきます。
食前に飲んでおけば約1時間ほどで薬が吸収されるので、食事をしても大丈夫です。
ただし、バイアグラの継続時間は約4時間なので、その後ゆっくりしているとすぐに効き目は切れてしまいます。
その欠点を補ったのがレビトラで、食事の影響を受けにくい他、食事をする30分前に飲んでおけば効果が期待できます。
20mgの継続時間は約8時間で、これはちょうどバイアグラの2倍です。
即効性がある薬で、15~30分くらいで効果が出てくると言われています。

レビトラのジェネリック薬への期待

レビトラに期待が膨らんでくる一方で、それだけメリットが多いと高額な薬なのではないかと不安になってくると思います。
どんなに効き目の高い薬であっても、一般人が購入できる金額を大きく超えていたのでは意味がありません。
そこで利用したのがジェネリック薬の存在です。
ジェネリック薬というのはオリジナル薬の特許期間が切れた薬のことです。
オリジナル薬とは名称だけが違い、製薬会社の研究費や開発費が含まれていないので安く利用できるというメリットがあります。

通販で購入するなら個人輸入代行業者を使う

今では個人使用の目的であれば、一定量ならば個人が通販で輸入することも認められています。
薬の海外通販というと未認可なのではと危機感を抱くかもしれませんが、ちゃんと正規のルートがあります。
正規のルートというのは個人輸入代行業者に注文する方法で、複雑な申請書類などをまとめて処理して、代行輸入してもらえます。