レビトラジェネリックは効果が出やすい

レビトラは作用が速い

レビトラはバルデナフィルという有効成分を含むED治療薬で、世界初のED治療薬であるバイアグラに比べ水に溶けやすい特徴があります。
そのため、効き始めが早く、持続性が高いものの効き始めが遅いシアリスに比べても、即効性が高いのがメリットです。
最高血中濃度に達するまで1時間かからないと言われており、即効性を求めるならレビトラがおすすめといえるでしょう。
近年は通販サイトなどで、お値段の安いジェネリックも手に入るようになり、その人気は高まる傾向にあります。

疾病に基づくEDにも作用

EDというのは加齢や不規則な生活、ストレスなどを原因として起こりますが、疾病の影響でも起こる場合があるのをご存知でしょうか。
たとえば、糖尿病の方や前立腺手術後にEDで悩まれる方は少なくありません。
この点、バイアグラではこうした疾病に基づくEDの改善は期待できませんでしたが、レビトラは改善効果が望めるといわれています。
ただし、糖尿病の方や血糖値やコレステロール、血圧が高めの方、肥満の方や体が大きい方、そのほかの薬剤性EDの方は有効成分のバルデナフィル10mgでは効果が望めないことがあるので、効果が出ない場合には20mgを試してみるといいかもしれません。
これはジェネリックの場合でも同じです。

服用のタイミングや食事との関係

水に溶けやすく体への吸収が早い分、バイアグラと比べて食事の影響を受けにくいと人気を高めていますが、やはり空腹時に服用したほうがスムーズな効き目が望めます。
そのため、ジェネリックを利用する際は食前20分から30分前の空腹時に飲み、その後の食事は油分を控えたあっさり目の食事を摂るように心がけましょう。

飲み方で気を付けたいこと

薬を服用する際は、水でなくともよくお茶などで飲んでも問題はありません。
アルコールの影響も他のED治療薬に比べて受けにくいのですが、逆に気を付けたいのは効きすぎることです。
バルデナフィルには血管拡張効果があるため、アルコールのまわりが早くなり、お酒に弱い方や量によってはアルコールが効きすぎて倒れてしまう虞があります。
飲み過ぎには気を付けて、セックス前のお酒を少し楽しむ程度にしましょう。