Latest Posts

レビトラのジェネリック登場

精力剤ではなく薬という選択肢

男性の勃起不全の改善薬としておなじみなのは、世界中から熱い視線を注がれて登場したバイアグラでしょう。
それまでは精力剤などでしか対応できなかった、男性の精力減退の悩みに働きかける医薬品ができたということで、画期的だとか斬新だとかいった印象を持った人も多くいたことでしょう。
けれど、どうしたら手に入れられるかを模索した人も多く、その入手方法は少々謎めいていたと言ってもいいかもしれません。

入手方法

その後、通販で購入ができるといった情報が飛び交いはじめ、実際に買う人も出て来ました。
さらにはメンズクリニックなるものが登場し、医療機関での処方はより安心できるということから、医療機関を訪れる男性も増えました。
いずれにしても、そこでバイアグラを経験したり、話を聞いたりして、他にも勃起不全の改善薬があることを知る人も多くいたのです。
その薬がレビトラでした。

日本人男性に合った改善薬

レビトラはもともと日本人男性の体質に合わせて開発されたという経緯もあり、もっとも期待される新世代の勃起不全の改善薬です。
そんな魅力的なレビトラですが、唯一の難点は薬価が非常に高いことでした。
一錠あたり、10mgで1500円、20mgでは2000円します。
そのため、ジェネリック医薬品が登場した時には歓声を上げた愛用者も多くいたのではないでしょうか。
ジェネリックなら、それまで1500円していたところを、500円~1000円程度に抑えることができるのです。

より多くの愛用者

レビトラの魅力はその即効性にあり、それゆえダッシュという異名までついているほどで、勃起不全の改善を目指す人から夜の営みをもっとパワフルにしたい人まで、幅広く支持されています。
その利用の門戸を広げたのがジェネリックであり、通販で手軽に買うことができる時代になったことも、EDに悩む男性をより多く救えるようになったと思われます。
これからも、レビトラのジェネリックは増え、個人輸入の利用者もそれに合わせて増えることでしょう。

レビトラジェネリックの通販情報はこちらから

EDの治療は薬が効果を発揮

ジェネリックの経済性

EDの治療をするには、栄養を摂ったり運動をするなどの対策もありますが、薬を使うのもいいでしょう。
この薬は、インターネットでも個人輸入に限って買えます。
そして、ジェネリックも数多く販売されてるので、今では経済的にもさほど難関はなくなって来ました。
さて、勃起不全を治す薬ですが、今のところ有力なのは、レビトラ、バイアグラ、シアリスといった3種類があるのです。
インターネット通販でジェネリックを購入するのが不安であれば、泌尿器科で診察を受ければ医師から処方してもらえます。

レビトラの効果発揮

では、レビトラなどの勃起不全治療薬がどういう風に効くのか、簡単に記しておきましょう。
まず、どんな仕組みで陰茎が勃起するかというと、性刺激を受けると男性ホルモンによって一酸化窒素が分泌されて、サイクリックGMPが分泌されます。
この物質が血管を広げて血流量を増やし、勃起・維持をするのです。
ところが、このサイクリックGMPは、酵素で分解されてしまいます。
残念なことにこの酵素は、身体の中にあるのです。
勃起不全の人は、この酵素の働きが災いして症状が起きてるケースがあります。
そのため、この酵素の働きを抑制すると、陰茎は正常に勃起するようになるのです。
それが、前述の薬の役目・効果となります。

病院での処方

治療薬はレビトラを含め3種類ほどあると前述しましたが、どの薬も同様の働きをするのです。
でも、薬によっては持続する時間が違います。
また、服用する際の注意点も違うのです。
これらは、ちゃんと説明書きなどへ記されてますが、医師の指導で服用すると安心できるでしょう。そのため、病院などで処方してもらい買えば間違いありません。

ED治療目的でジェネリックを手に入れる

3大ED治療薬

インポテンツの症状改善に効果的とされるバイアグラ、レビトラ、シアリスといったED治療薬を入手するには基本的に医療機関で処方してもらうことになります。
この3つのED治療薬は有効成分が異なりそれぞれ作用時間、速効性にも違いは出てくるものの勃起力を高めるという効果はどれも共通しています。
副作用のリスクもあり特定の持病を持つ方は処方してもらえない可能性もあるため、まずは医療機関を受診し医師の適切な診断を受けることが大切です。

レビトラとは

これらのED治療薬の中で最も速効性に長けているものがレビトラです。
バイアグラに次いで日本で承認されたED治療薬となっておりバイアグラと作用時間、副作用のリスクが非常に似ていますが、こちらは食事の影響を受けにくくなっています。
他のED治療薬と同じく1錠あたり2,000円程度と費用が高額となっているため、継続して服用するとなると大きな出費となってしまいますが安価なジェネリック医薬品も存在します。

ED治療薬のジェネリックを入手するために

開発コストがかかっておらず新薬よりも格安で提供できる後発医薬品、俗に言うジェネリック医薬品は最早私たちにとって必要不可欠な存在となっています。
ED治療薬を始めとして育毛剤など日本で製造、販売の認可を受けていない新薬、ジェネリック医薬品は多々ありますが、本格的にインポテンツ対策に取り組むために費用を抑えられるジェネリック医薬品を求める方も多いでしょう。
バイアグラ、レビトラ、シアリスの3大ED治療薬は日本で認可を受けている医薬品のため医療機関で処方してもらうことも可能ですが、ED治療薬のジェネリック医薬品を入手する場合は個人輸入代行を介して直接海外から購入するしかありません。
個人輸入代行は直接海外から購入できるようサポートしてくれるだけなので通販とは本質的に全く異なります。

個人輸入代行を利用するときの注意点

費用が格安だからと言って効果に問題があるわけではなく新薬とほぼ同等の効果が期待できますが、品質や安全性は利用する個人輸入代行業者によって左右されます。
個人輸入代行業の実績が豊富かつ評判の良い、全て正規品を取り扱っている業者を選びましょう。

レビトラのジェネリックで楽しい交わりを

ED問題は男性は避けて通れません

ED問題は、男性独特の問題であり、同時に男子ならば誰もが避けては通れない事柄ではあります。
年を取らない人はいないので、若い時は「ED問題なんかは体の弱いやつらの特技みたいなものだ。
私は無敵だし、老いることはあり得ない」と強気の発言をしていた人も年齢が上がってくると全く無関係で通すということは無理になってくるのです。
まあ、若年性EDは別とすると一般のED問題は加齢に左右されるところが大きいです。
すなわち、人間は誰しもが年は取るのでそこかしことどこかは悪くなります。
下半身は正直に年齢を受け入れるのでEDは個人差は有れ、皆発生するものです。

アバウトな効き目の精力剤

1998年1月にあのバイアグラが颯爽と登場しましたね。
そしてそのあとレビトラ、シアリスと続けてリリースされましたが、世界中の男子がもろ手を挙げての大歓迎でした。
というのはそれまでは、ED問題に対応するには評判の良い精力剤、しかも1本1000円以上のものを飲むとか、ニンニクを食したり、サプリメントを数か月の間、定期的に飲み続けるとかで対応しようとしていたからです。
ただ再現性があまり無く個人差もものすごくあったので、そこが矯正された医療薬が現場の男子から渇望されていました。

バイアグラの弱点

バイアグラは強力な勃起薬であり、今も世界中で愛用されています。
ただ、空腹時のときのほうが効果が顕著に出てくるのです。
実際の男女の場面に置き換えて考えてみると、飲まず食わずで抱き合い、そしてSEXまでするかというと疑問が出ることは確かにあります。
一般的に、出会って話して食事して、最後に男女の交わりがあるものです。

汎用性があるレビトラの高い人気

だから、空腹状態でSEXを始めるというのはむつかしいし、あまり楽しくない時もあります。
レビトラ及びそのジェネリック薬品は服用している時は食事はダメという制約はなく、自由に食事を楽しめて、そのままの流れでベッドインという典型的な形が極めて取りやすいのです。
従って、バイアグラよりレビトラとそのジェネリックの方が人気が高い場合も多々あります。
むろん個人輸入代行業者のHPを経由して、まあ通販のような形で入手するのは、お約束になっていますが。